寝返り 腰痛

MENU
腰痛防止!高反発マットレスTOP3
 モットン  13層やすらぎマットレス  雲のやすらぎ

寝返りすると腰が痛くなる〜腰痛対策マットレス専門店〜

 

朝起きると「腰が痛い…」となぜか寝る前はなんともなかったのに寝ると腰痛になるという人ってけっこう多いようです。

 

その就寝時におきる腰の痛みの原因は「寝返り」がほとんどって知っていました?腰が痛いとなにをするにしても億劫になり消極的になってしまいます。

 

寝返りを打った時に腰が痛くなる原因が分かれば解決法もわかる!

 

 

「寝返りで腰痛」は主にこの3つの原因!

 

筋肉の深いところが硬い

筋肉が硬いと聞くと「体が硬い」のイメージですが実際その通りですがそれだけではなく、ケガ後や炎症後が原因でも硬くなったりします。

 

例えば炎症が収まったばかりの時はまだ筋肉が緊張している状態、緊張しているということは筋肉が硬い。筋肉は身体の表面が硬いだけなら痛みに発展することはほぼないのですが、深部に硬さが残っているばあいは痛みになりやすく深部であればあるほど痛みも増す傾向にあります。

 

腰だけではなく、肩こりなどでもそうですね。揉んでも揉んでも良くならない肩こりって深いところに痛みを感じて、指圧などではとても届かなく歯がゆい思いをした経験はありますでしょうか?それは腰でも同じことが言えます。

 

寝返りを打つ時の痛みの原因としてこの「深部の筋肉の緊張」が多くの原因としてみられます。硬い筋肉ではスムーズに寝返りを打てないし無理な力が硬い筋肉に集中したのが負担となり腰痛を引き起こします。

 

ちなみにこれは炎症しているわけではないので腰に手を当てても熱を感じることはありません。

 

対処方法としては体幹(深部)の筋肉の緊張を緩めることで治っていきます。お風呂に入って「患部を温めたり、ストレッチをしたりすることが改善への近道」、逆にやってはいけないことは「冷湿布などで腰を冷やしては緊張がほぐれない」し、痛みを気にしすぎて動かなすぎても血行が悪くなり良くはなりません。

 

 

 

炎症

炎症が原因の「寝返り腰痛」はぎっくり腰や激しく運動の後から痛くなってくる腰痛は炎症からきていると考えられます。

 

ご存知の通り、炎症とは熱を持って腫れたり痛みが出てくる状態で、患部から痛みホルモンをドバドバ分泌している状態。つまりは筋肉や靭帯などを損傷してしまっている状態ですね。

 

この状態だと寝返り以前にすでに腰痛を感じていたりしているもので、体を動かすたびに痛みを感じるようなら炎症の可能性大!炎症しているかどうかは患部を触ってみて、普段よりも熱を持っているほうなら炎症腰痛の可能性が疑われます。

 

とうぜん、このまま寝ようものなら寝返りのたびに腰が痛くなり酷い時は痛みで目が覚めることも!

 

改善策として、まずは患部の熱を抑えなければならないので対処法は「患部をアイシング」して冷やすことが大切!逆にやってはいけないことは温湿布を貼ったりお風呂に入ったりして「患部を温めること」はやってはいけません!

 

お風呂は体に良いイメージですが炎症を起こしている時は逆効果になるので注意しましょう。幹部を冷やしてから寝ると炎症による寝返り腰痛は押さえられます。

 

 

 

身体の歪み

体の歪みは姿勢の悪さやスポーツや仕事などでバランスの悪い身体の使い方をしていることで起こります。とくに生活習慣の「クセ」が大きく普段何気ない動作が体をゆがませていて寝返り腰痛につながるケースが多々あります。

 

例えば

 

「足を組む」
「片肘をつく」
「横になって寝ながらテレビをみる」
「睡眠時に毎度同じ方向を向いて眠る」

 

これらのクセは片方を楽させるために、もう片方の体の部分に負担をさせている体勢になっています。せめて左右対称に同じ割合で出来たら理想的なのですが、ほとんどの人は楽な方の一方ばかりの体勢をとっていることかと思います。

 

これでは骨はとうぜん歪んでくるし筋肉量も左右で変わってきます。歪んだ体で寝返りを打つと痛いのは当然。

 

体の歪みを知るには「左右交互に寝返りを打ってみて、やりやすいとやりづらいがあると歪んでいます」。その差が大きくなればなるほど歪みが進んでいるということになりますね。

 

解決策としましては「癖を治す意識をする」しかありません。

 

足を組むクセのある人は、骨や筋肉が歪んでいるときに両足を均等に床に付けたまま椅子に座っていることも嫌になったりしますが、ここは我慢!背筋を伸ばしキレイな姿勢で座るクセをつけていくうちに歪みは少なくなってきます。

 

ただ、左右均等のキレイな姿勢を意識することは大切なことですが、意識し過ぎても逆に筋肉が硬直してよくありません。あくまでリラックスできる範囲内で行ってください。

 

 

気を付けても全然痛みが改善されない…


このサイトやほかのサイトなどの情報を参考に頑張ってみたけど寝返り腰痛が改善されないという方は、ヘルニアなどのほかに腰痛原因がある、あるいは寝具が原因であることが考えられます。

 

あまりにひどい痛みの場合は当然、大きな病院で検査を受けられた方が得策。しかし大したことのない軽い痛みの場合「椎間板ヘルニア」や「狭窄症」などの骨や軟骨の異常とは考えられません。

 

 

良くない寝具をずっと使い続けていることで腰痛原因になることもよくあります。

 

寝具が原因の腰痛の場合は今使っているマットレスや布団の「耐圧分散性」が弱くなっているために筋肉が緊張していたり、中身の綿やスポンジが偏っている場合があります。

 

寝具の寿命はそれほど長くはありません。

 

もし5〜10年以上同じ寝具を使っているならヘタってきている可能性は十分にあります。人間の体は重く、毎日長時間に渡り体を寝具に体重を預けているわけです。しかも数十キロの体は寝返りを打ったりして動いているわけですから尚更です。

 

リビングやキッチンなどの快適性を求める人は多くいますが、寝具をないがしろにしている人ってけっこう多いんじゃないでしょうか?平均睡眠時間は7時間、リビングでくつろぐ時間よりも長い時間をベッドの上で過ごしている人も多いのではないでしょうか。

 

寝具が悪ければ体はどうしても歪んできて腰痛原因となります。興味がありましたら当サイトの「腰痛対策マットレス」ランキングを参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

腰痛の方に選ばれているマットレス ランキング

◆特徴 … 90日間寝て試せて返金保証あり ◆価格 … 39,800円〜 ◆1番人気 … 腰痛対策マットレス「モットン」(シングル)39,800円
◆特徴 … 60日間寝て試せて返金保証あり ◆価格 … 98,000円〜 ◆1番人気 … 13層やすらぎマットレス(シングル)98,000円
◆特徴 … 90日間寝て試せて返金保証あり ◆価格 … 39,800円〜 ◆1番人気 … 雲のやすらぎプレミアム(シングル)39,800円

90日間お試し!腰痛なら【モットン】