腰痛で病院にかかる時はなに科にいけばいい?

MENU
腰痛防止!高反発マットレスTOP3

腰痛で病院にかかる時はなに科にいけばいい?

 

腰痛が起こった際に、いざ病院で診てもらうとき迷う方も多いと思います。そこで、どのような腰痛の症状があった場合になに科に行けばいいか?について解説します。

 

 

そもそも腰が痛いからといって必ずしも腰だけが原因ではなかったりします。

 

 

椎間板ヘルニアや仙腸関節性腰痛、椎間関節性腰痛などの定番からなんとストレスからくる腰痛なんてのもあります。

 

 

 

病院にいくタイミング

それぞれに仕事だったり家事だったりと忙しい毎日を送っている人も多いでしょう、なので腰が痛くなったからとすぐ病院に行くのがベストでしょうが、実際はそういうわけにはいきません。

 

腰が痛い場合、特に下記のような症状がある場合は受診してもらうタイミングと考えていいでしょう。

 

  • 動きや姿勢に関係なく痛む
  • 安静にしていても痛む
  • 寝ているときに痛みが強くなる
  • 痛みが日増しに強くなっている
  • 発熱がある
  • 下肢の知覚障害を伴う痛み
  • 麻痺をともなう痛み
  • 排便・排尿すら困難
  • 3か月以上腰の痛みがなくならない

 

整形外科で検査してもらった結果、特に問題がない腰痛と診断されたら、痛み止めなどの対症療法を行いながら痛みがなくなるまで様子を見ましょう。少し長引きそうならば、医師と相談して通いやすい近所の接骨院や整体などで、温熱療法やマッサージなどを受けてもよいでしょう。

 

 

まずは整形外科で診てもらおう

腰痛の原因には神経の障害からくる腰痛、ストレスなど心因性による腰痛、そして内臓疾患からくる腰痛などもございますが、腰部の骨・椎間板・関節・筋肉の損傷が原因であることがほとんどのためまずは整形外科に行くのが良いでしょう。

 

そこからいろいろ調べていくうちに原因を突き止められます。そこからストレスなどの心因性の場合は心療内科や精神科、尿路結石や子宮がん、肝炎などの内臓疾患が原因の場合は内科。神経からくる腰痛も整形外科でOK。

 

腰痛は2〜3日で痛みがなくなることが多いため少し様子を見てからいかれることをオススメします。

 

ただ慢性的に腰痛がひどい方はすぐに病院でいかれるとよいでしょう。

 

 

整形外科とは?

医師免許を持つドクターによる詳細な診察・検査・治療が可能。

 

薬物療法、理学療法(リハビリテーション)、運動療法、ブロック注射、手術療法まで幅広く行われ、基本的に健康保険が適用されます。腰痛になったらまず整形外科にいっておけば間違いない。

 

  • 腰痛の原因がどこからきているかわからない
  • 安静にしていても腰が痛い
  • しびれや麻痺がある

 

などの症状が見られる場合は、まずは整形外科で診てもらおう。

 

 

 

 

整体やカイロプラクティック、接骨院は?

実際に腰痛は2〜3日安静にしていればよくなるものも多いため、痛いからとすぐに整形外科!ではなく様子を見てみましょう。

 

病院でなくても腰痛改善できる施設はありますが、腰の状態と症状に合った施設の選ばないといけません。接骨院・カイロプラクティック・整体などの違いを紹介してまいりますので是非参考にしてください。

 

 

腰痛の症状によっては整体や接骨院などでも十分に治療可能です。

 

近所に整形外科がはいっている病院はないけど接骨院はあるよ!という地方もけっこう多いようです。大規模な検査や治療が必要ではない場合は、近所にあって歩いて通えるくらいの距離にある接骨院なども便利です。

 

 

 

 

接骨院

「接骨院」あるいは「柔道整復」、「ほねつぎ」は、国家資格である柔道整復師が治療を行う施設で、手術や投薬を行わない保存療法(主に温熱治療や牽引療法)による治療を行い、自然治癒力の向上を目指します。ちなみに接骨院では検査・診断は行われませんのでご注意を。急激な腰の痛みだけで下肢のしびれなどの症状はない方には手軽に通えて便利。

 

 

健康保険の適用範囲は、慢性的な腰痛、関節炎、ヘルニアなどが原因の腰痛などは適用外。

 

ちなみに、「接骨院」と「整骨院」はまったくの別物なので間違っていかないように。

 

 

 

カイロプラクティック

カイロプラクティックでは、脊椎のゆがみから生じる腰痛を改善にもってこい。この脊椎を矯正することによって神経伝達を正し、痛みをはじめとする諸症状を和らげます。海外では医療として認められている国も多いカイロプラクティックですが、日本ではまだ認められず民間療法の域から出ておりません。

 

健康保険は、残念ながら適用されておりません。全額自己負担となりますのでご注意ください。

 

 

 

 

整体

整体では、筋肉をほぐすことで筋肉疲労からくる腰痛の緩和を目指します。整体で働く先生の取得資格によっては骨格矯正などを行うところもありますが基本的にありません。、整体とカイロプラクティックとごっちゃに混同する方もいらっしゃいますが目指す治療方法はちがったものとなります。

 

健康保険は、残念ながら適用されておりません。全額自己負担となりますのでご注意ください。

 

 

 

指圧・あん摩マッサージ

「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持つ施術者が、指圧・マッサージを行うところ。体の酷使や姿勢の悪さが原因と思われる腰痛、腰痛予防などの場合は、指圧マッサージの受診をおすすめします。

 

健康保険は、疲労回復目的の指圧マッサージは保険適用外となりますが、筋麻痺、関節拘縮が認められ、医師の同意があった場合にのみ適用されます。

 

 

 

鍼灸院

「鍼灸院」は、腰の張りによる痛みの軽減、腰痛予防、整形外科で診断を受けた後の腰痛治療などにおすすめします。

 

体の一部、つまり経穴(ツボ)を刺激することによる腰の痛みの軽減を目指します。ツボを刺激すると、中枢神経にオピオイド(モルヒネ状の役割を持つホルモン)が出てきて痛みの伝達経路をブロック。また、マッサージのように血行促進や筋肉疲労からくる腰痛の改善効果も期待できる。

 

健康保険は神経痛(坐骨神経痛など)や、腰痛症(ぎっくり腰などの急性腰痛)など、診断・治療を受けた医師の同意書、または診断書があれば健康保険が適用されます。

腰痛の方に選ばれているマットレス ランキング

自信があるから90日間のお試し期間を儲けたサービスで人気爆発中の高反発マットレス「モットン」。この 高反発マットレスが他と違うのは、筋力の弱い日本人に合わせて反発力をより強くさせた商品であると言うこと!従来の高反発マットレスは、とくに力の弱い女性やお年寄り向きではなく、アスリートのようなガッシリと筋肉質な人にはベストでした。高反発人気ということでいざ、購入してみたものの思っていたよりも寝心地が悪く、合わない人が結構多いのが現実でした…。モットンは弱い力でもスムーズな寝返りができる設計、さらに満足して購入して頂けるよう、約3か月のお試し期間を設けております!
「雲のやすらぎ」は高反発敷布団マットレスで、こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』。体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に悩みを持つ方に最適な寝心地を提供していることから楽天ランキングでも満足度、連続第1位を獲得!厚さは17cmと極厚ふんわりボリュームで底付き感がありません。春夏は通気性抜群!秋冬はあったか!リバーシブル採用!掛け布団を変えるだけで通年快適♪コスパも良し◎SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。なにより安心の日本製ですので品質は群を抜いて良いですね。
マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。優れた通気性、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は品質と耐久性を証明する長期保証付き。マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、理想的な寝姿勢を保ち続けます。 高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。 「背中・腰・お尻」の形成するS字を隙間なく支え上げて保持。日本でも腰痛に悩まされている方に特に人気がある寝具メーカー。

90日間お試し!腰痛なら【モットン】