高反発マットレスで腰痛は良くなる

腰痛

 

腰痛が酷くなるとしっかり寝たはずなのに朝起きてもまだ、腰の痛みが引けてなかったり、もっとひどい時は何度も痛みで目が覚めることも!

 

今話題となっている「高反発マットレス」は腰痛改善にすっごくいいと高評価となってきています。

 

では、高反発マットレスがどのようにして腰痛対策に役立つのか、解説してまいりたいと思います。

 

 

 

高反発マットレスが腰痛を治すに適してる理由

 

低反発マットレスは聞いたことあるけど、高反発マットレスはどういったものなのか想像もつかないという人にでも分かりやすく説明していきたいと思います。

 

 

 

耐圧分散性が高い!

 

耐圧分散性とは、体にかかる圧力を散らして楽にさせること。

 

例えば長い時間、椅子に座っているとお尻が痛くなってきますよね?これはお尻に圧力がかかっているため痛くなってくるのです。そのため座面にクッションを引く人が多いと思いますが、これこそ耐圧分散性でお尻の痛みを緩和させようとする行為、これをマットレスに当てはめて考えてください。

 

普通のマットレスは耐圧分散性が低いため腰や背中が痛くなりやすく、とくに横になった人間の一番思いお尻の部分だけが突出して凹みやすい。つまり寝姿勢がいびつになり、腰を支えるホールド力が弱い状態…これでは寝ても覚めても腰の調子が上がりません。

 

一方、高反発マットレスは普通のマットレスより非常に耐圧分散性が高いため、腰部、背中などとくに圧力がかかりやすい部位の圧力を逃がし、沈み過ぎないので全体のホールド力は普通のマットレスと比べかなり高いです。

 

 

 

 

高通気性で湿気こもりがない!

モットン通気性ダニ

 

いくら耐圧分散性に優れていてもそれだけではダメ。

 

良い睡眠をとって体を休めないと腰痛改善はできません。質の良い睡眠は通気性も重要になってきます。

 

「熱がこもり寝汗が出てくる」、「ジメジメして不快」、「痒くなってくる」マットレスは最悪です!このようなマットレスを使っていると何度も覚醒したり、寝つきも悪く質の良い睡眠はとれません。

 

高反発マットレスは耐圧分散性とともに「通気性」の高いものばかり!高反発マットレスの多くは湿度を適度に調節し、ノミ・ダニの発生も抑えることで質の良い睡眠をとることができます。

 

 

腰は睡眠時にしか休ませることができません。しっかり熟睡できないことには腰痛を治すなんて無理な話です。

 

 

 

 

お試しできる!

 

モットンお試し期間

 

寝具というものはお試しできないものの代表格、しかし最近では実店舗を持たず、企業に卸売せずインターネットのみでマットレス販売している会社がこぞって長期間のお試しできるシステムを確立させてきています。

 

マットレスを買った後にあまり良くなかった…なんてことありませんでした?じつはマットレスは人によって硬さを選ばないと寝心地を著しく損ねてしまいます。でも一度使ってしまったら最後、普通返品できませんし高い買い物だけに後悔だけが残ります…。

 

そもそも、このような買い物の失敗はその辺の寝具店に陳列されているマットレスを見てもらったら分かる通り、硬さの表示や適した体重などちゃんとわかりやすく書かれていません。だからマットレス購入に失敗しやすいのです。

 

一方、インターネット販売の高反発マットレスはクッション性の硬さや目安となる体重などがわかりやすく表示されており、失敗しにくい買い物ができます。さらにお試し期間もあるため、イマイチだった場合は返品も可能!高い買い物だからこそ失敗したくない、いまマットレスはインターネットで買う時代なのです!

 

 

今、売れていて評価の高い「腰痛対策マットレス」のランキングもやっているのでぜひご参考ください。

 

 

2018年上半期売り上げナンバー1 『腰痛対策マットレス モットン』