腰痛に痛み止めが効かない場合の対処法

 

腰痛のためにドラッグストアや薬局で痛み止めを購入されたり、病院で処方された痛み止めを飲んでいる方もいらっしゃいますよね?それでも腰痛が全然良くならないことで悩んでいる人、意外に多くいらっしゃいます。

 

まず初めに言いたいのが「痛み止めでは腰痛は治らない」

 

 

痛み止めとされる薬は名前の通り、痛みをぼかし苦痛を取り去りますが根本的な痛みの原因を治す薬ではないからです。

 

痛みとはこれ以上は体が危険という赤信号、腰に痛みを感じた場合はもう体が限界近いということを悟りましょう。

 

痛み止めを飲むことで、危険な赤信号を無理やり青信号に変えているわけですからこのまま飲み続けていたら、そのうち本当に身体がクラッシュしてしまいます。

 

 

>>すぐに市販で買える腰痛の痛み止め

 

 

痛み止め薬が効かなくなってきた…

長年、腰痛を抑えるために痛み止めを飲み続けてきたが、だんだん効かなくなってきた…

 

よく薬を飲み続けると、効かなくなるよ!と言われますが迷信ではなく確かに効きにくくなってきます。

 

痛み止めを飲み過ぎると、いや、薬全般にいえることですがほとんどの薬を飲むことで胃や肝臓に負担が掛かります。それによって臓器が弱ってくると効き目も弱くなってくるそうです。

 

 

 

痛み止めの有効的な使い方

痛み止めを飲むことで一時的に痛みを抑えることができます。

 

逆に言えば痛みが抑えられている今はまだ、不幸中の幸いか、まだ何とか体を動かせられる程度には大丈夫ということ。薬すら効かなくないくらい痛みが増してきた時は本当にヤバイ時と思っておいた方が良いです。

 

痛み止めすら効かない腰痛になってしまっては身動きがとれず対策がとれなくなってしまいます。

 

 

痛み止めが効くうちに筋肉トレーニングで腰回りの筋肉(ガードル筋)を鍛えたり、骨格の歪みを治すのにカイロプラクティックに通ったり、腰痛に良いアイテムを揃えることが重要です。

 

腰痛が悪化しすぎると立って歩くことすらままならなくなります、そのため痛み止めが効いて動けるうちに腰痛対策をすることがとにかく重要なのです。

 

 

 

腰痛対策マットレスなら 『モットン』